ed治療薬を使わずに彼女に振られた男性

EDの治療薬として誕生したファーザー製薬のバイアグラ。

その誕生から20年以上経った今、多くのED治療薬が発売されています。

バイアグラと言えば有効成分であるシルデナフィルが有名ですが、それ以外にも、ドイツのバイエル社が発売したバルデナフィルを主成分とするレビトラと、タダラフィルを主成分とする、イーライリリー・アンド・カンパニーのシアリスがあります。

いずれも購入方法としては、日本で薬剤を扱えるのは医師の処方箋が無いと購入出来ないので、そのほとんどはクリニックで購入するケースが多いと思います。

ところがまだまだ金額が効果ということもあって、先発医薬品より金額の安い、後発医薬品のジェネリックのED治療薬も人気があります。

もしジェネリック医薬品のED治療薬をしようと思った場合、日本国内ではクリニックで相談して処方してもらうか、海外から個人輸入という形で、海外から取り寄せるしか方法がありません。

しかし実際にはそのほとんどが海外から個人輸入代行業者と介して、海外からジェネリックのED治療薬を購入する人たちが多く、そのほとんどがネット通販の要領でサイトから簡単に購入出来ています。

ネット通販で商品を購入する場合、サイトを運営している業者の個人情報の取り扱いや、クリニックで医師の処方で購入出来るような、きちんと正規品のバイアグラが処方されるかが気になります。

実際にクリニックで医師の処方で購入出来るバイアグラなどのED治療薬は、すべて日本の厚生労働省の認可を得ている正規のED治療薬となりますが、ネット通販で購入出来る、個人輸入代行業者が運営している個人輸入代行サイトに、掲載されているED治療薬は、そのほとんどがジェネリックのED治療薬です。

ジェネリックのED治療薬といえばインドの製薬会社が有名で、インドの製薬会社が製造しているさまざまなED治療薬が、個人輸入代行業者が運営している個人輸入代行サイトで販売されています。

日本で販売されているED治療薬の場合、ED治療薬に配合されている、有効成分の量が決まっていますので、たとえば日本でクリニックに行って、医師の処方で正規のバイアグラを処方される場合、
そのバイアグラに含まれるシルデナフィルの配合量は25㎎と50㎎になりますが、個人輸入代行サイトでバイアグラを検索すると100㎎のバイアグラが出てきます。

日本では25㎎と50㎎のバイアグラしか販売されていないので、この100㎎のバイアグラが本物かどうかも含め、購入する場合は自己責任となりますので、購入する場合は本物かどうか見極めて購入しましょう。