edに悩まされる男性

ED治療薬としてバイアグラがこの世に誕生したのが1998年のことで、このバイアグラが販売されてから現在までに、さまざまな企業がバイアグラと同じED治療薬を発売してきました。

中にはバイアグラと有効成分が違うED治療薬を開発したことで、副作用や服用の仕方に違いが出て、それによってバイアグラよりも優位性があるという見方から、人気を博したED治療薬も多く存在します。

代表的なED治療薬は、バイエル製薬が発売したレビトラと、イーライリリー・アンド・カンパニーが発売したシアリスが有名です。

ファイザー製薬のバイアグラの有効成分がシルデナフィルに対し、レビトラはバルデナフィルで、シアリスはタダラフィルという成分が有効成分なのですが、バイアグラ含め、それぞれの有効成分を配合したジェネリック医薬品が既に販売されていて、ネット通販という形で誰でも購入することが出来ます。

日本では、ED治療薬の購入方法といえば、クリニックに行って医師の処方箋をもらう事で、バイアグラなどのED治療薬を購入出来るようになります。

それ以外の購入方法として最近利用者が増えているのが個人輸入代行業者を利用した、個人輸入という方法でも海外のED治療薬を購入する事が出来ます。

個人輸入代行業者を利用する場合、そのほとんどは個人輸入代行業者が運営している、医薬品が購入出来るサイトを利用する形で、海外のED治療薬をネット通販で購入できます。

その購入方法は普通のネット通販と変わらないので非常に気軽に買うことが出来ますが、最近では個人輸入代行業者もかなり増えてきている為、個人情報の問題や、届いた商品が本当に注文した正規のED治療薬なのかどうかなど様々な点で問題になっています。

もちろん、全ての個人輸入代行業者が運営するサイトに問題があるわけではなく、医薬品が届くまでのルートや管理方法などに問題があったとしても、個人輸入代行業者が特に責任を持ってくれる訳ではないのです。

つまり、個人輸入代行業者はあくまでも代行で、個人輸入代行業者を利用しても、個人輸入は個人輸入ということで、自己責任なのです。

ですので、バイアグラなどのED治療薬を購入する場合、日本ではクリニックなどに行って、医師の処方箋から薬局などで薬剤師のチェックのもと、ED治療薬を買うのと比較して、個人輸入で購入する場合には、自己責任というリスクがあります。

しかしそれでも国内で購入するよりも個人輸入で海外から取り寄せて購入する方が、値段は破格に安いので、きちんと個人輸入代行業者が信頼出来る業者か見極めて、購入されれば、全てが危ないという訳ではないのです。