ed治療用薬がネット通販で買えると知っている男性の自信満々の顔

バイアグラというED治療薬が誕生し、EDに悩む人たちにとっては、 EDが克服出来るかもしれないという、希望の治療薬であることは間違いないが、購入したことを知られたくないという人も多いと思います。

EDで悩んでいるということも、EDを克服するためにバイアグラを購入することも、どちらも知られずにバイアグラを購入することは可能なのでしょうか?

バイアグラをもし購入したいとなった場合、その購入方法は2通りあり、一つはメンズクリニックに行って医師に相談し、医師の処方のもと、医師の処方箋で簡単にバイアグラを購入することが出来ます。

そしてもう一つのバイアグラを購入する方法としては、個人輸入でバイアグラを購入する方法です。

いきなり個人輸入と言っても、海外からバイアグラを輸入するには、一体どういう手続きが必要なのでしょうか?

一般的に輸入と言うと単純に貿易とかのような手続きがありそうなイメージですが、最近ではネット通販などで、購入した商品が国際郵便で届くことも結構普通にあります。

実はこの個人輸入も、個人輸入代行業者の医療品を取り扱っているサイトを通じてネット通販と同じような要領で手に入ります。

バイアグラならカマグラゴールド、レビトラならバリフ、シアリスならビダリスタというように正規品からジェネリックまで、幅広いED治療薬の中から選んで購入することも出来るのです。

通常の先発医薬品であるバイアグラと比較して、通販で購入するジェネリック医薬品の方が価格は安いので、値段の安さも個人輸入代行業者のサイトの通販で購入する人が多い理由の一つです。

※参考:各商品の購入可能サイト
カマグラゴールド(バイアグラジェネリック)
カマグラゴールド通販|ジェネリック|効果・副作用|お薬ラボ

バリフ(レビトラジェネリック)
バリフ、レビトラを購入の方は通販サイトお薬ラボで検索!


ビダリスタ(シアリスジェネリック)
ビダリスタをご購入の方は海外医薬品サイトのお薬ラボで検索を!


メンズクリニックに行って医師に相談し、医師の処方でバイアグラを処方された場合でも、バイアグラは保険適用にならないので、自宅に届く医療費明細にも記載されていません。つまりは会社にもバレることもないので、バイアグラを購入したことを知られたくない人でも安心です。

個人輸入代行業者のサイトの通販で購入する場合でも、個人情報は入れないと商品は届かないので、個人情報を入れずに全くの匿名で購入することは無理ですが、配送先を郵便局留めにすることで、家族などに知られないように配送を手配し、バイアグラなどの商品を受け取ることは出来ます。

しかもその際の郵送物の中身を記載する欄には「サプリメント」などの記載になっているので、郵送物の中身がバイアグラだということを受け取りの際に、郵便局員に知られることも無いので安心です。

ですので、匿名でバイアグラを購入することは出来ませんが、誰にも知られないで購入出来るという意味では安心です。

自分に合う治療薬がないと悲しむ男性

勃起不全で悩んでいた人たちにとって、1998年に発売されたバイアグラは夢のような薬です。

このファイザー製薬が開発したバイアグラの登場で、勃起不全で悩んでいた男性たちの悩みは解消され、多くの人たちが今も愛用しています。

ファイザー製薬が世界初で発売したED治療薬のバイアグラの登場によって、他の製薬会社もED治療薬の製造開発に乗り出し、ドイツの製薬会社のバイエルがレビトラというED治療薬を開発し、アメリカのイーライリリー・アンド・カンパニーがシアリスというED治療薬を開発しました。

そもそもなぜバイアグラが勃起不全に効果があるのかと言うと、性器の海綿体に血液が集まることで硬くなることを勃起というのですが、この勃起が起こる際に、性的刺激を受けることで陰茎に一酸化窒素が分泌され、環状グアノシン一リン酸という物質が形成されます。

この環状グアノシン一リン酸が陰茎海綿体の筋肉を弛緩させることによって、血管が緩み、陰茎海綿体に血液が流れ込むことで陰茎内の圧力が上昇し、勃起につながります。

ではバイアグラを服用すると勃起にどう作用するのかというと、勃起はこの環状グアノシン一リン酸という物質によって引き起こされますが、体内にある5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という酵素によって分解され、勃起につながる作用が失われてしまうという特徴があります。

そこでバイアグラを服用することで、バイアグラの有効成分である「クエン酸シルデナフィル」が、 5型ホスホジエステラーゼの働きを阻害することで、環状グアノシン一リン酸が分解されることを防ぎ、結果勃起につながるというのが、バイアグラを服用すると勃起が起こるメカニズムです。

そこで勃起不全で悩んでいた人がバイアグラを購入する際の購入方法ですが、やはり家族にはバレたくはないと思うので、家族に知られないように購入したいと考えます。

通常バイアグラを購入する際には、クリニックに行って医師の処方箋で購入する場合と、個人輸入代行業者が運営しているサイトを通して、個人輸入という方法で、海外のジェネリックのED治療薬をネット通販の形で購入する方法があります。

クリニックに行ったことが家族には知られたくはないと思いますが、通常の治療で病院に行った場合は保険診療の履歴が会社や自宅に通知で行くので、そこでバレてしまいますが、バイアグラの場合は保険適用外の自由診療となりますので、自宅には通知は届かず、家族にバレる心配はありません。

そして個人輸入で購入する際も、個人情報の記載をして購入するのですが、商品の受け取りを郵便局留めにすれば、家族に知られることなく受け取れるので安心です。

edに悩まされる男性

ED治療薬としてバイアグラがこの世に誕生したのが1998年のことで、このバイアグラが販売されてから現在までに、さまざまな企業がバイアグラと同じED治療薬を発売してきました。

中にはバイアグラと有効成分が違うED治療薬を開発したことで、副作用や服用の仕方に違いが出て、それによってバイアグラよりも優位性があるという見方から、人気を博したED治療薬も多く存在します。

代表的なED治療薬は、バイエル製薬が発売したレビトラと、イーライリリー・アンド・カンパニーが発売したシアリスが有名です。

ファイザー製薬のバイアグラの有効成分がシルデナフィルに対し、レビトラはバルデナフィルで、シアリスはタダラフィルという成分が有効成分なのですが、バイアグラ含め、それぞれの有効成分を配合したジェネリック医薬品が既に販売されていて、ネット通販という形で誰でも購入することが出来ます。

日本では、ED治療薬の購入方法といえば、クリニックに行って医師の処方箋をもらう事で、バイアグラなどのED治療薬を購入出来るようになります。

それ以外の購入方法として最近利用者が増えているのが個人輸入代行業者を利用した、個人輸入という方法でも海外のED治療薬を購入する事が出来ます。

個人輸入代行業者を利用する場合、そのほとんどは個人輸入代行業者が運営している、医薬品が購入出来るサイトを利用する形で、海外のED治療薬をネット通販で購入できます。

その購入方法は普通のネット通販と変わらないので非常に気軽に買うことが出来ますが、最近では個人輸入代行業者もかなり増えてきている為、個人情報の問題や、届いた商品が本当に注文した正規のED治療薬なのかどうかなど様々な点で問題になっています。

もちろん、全ての個人輸入代行業者が運営するサイトに問題があるわけではなく、医薬品が届くまでのルートや管理方法などに問題があったとしても、個人輸入代行業者が特に責任を持ってくれる訳ではないのです。

つまり、個人輸入代行業者はあくまでも代行で、個人輸入代行業者を利用しても、個人輸入は個人輸入ということで、自己責任なのです。

ですので、バイアグラなどのED治療薬を購入する場合、日本ではクリニックなどに行って、医師の処方箋から薬局などで薬剤師のチェックのもと、ED治療薬を買うのと比較して、個人輸入で購入する場合には、自己責任というリスクがあります。

しかしそれでも国内で購入するよりも個人輸入で海外から取り寄せて購入する方が、値段は破格に安いので、きちんと個人輸入代行業者が信頼出来る業者か見極めて、購入されれば、全てが危ないという訳ではないのです。

ed治療薬を使わずに彼女に振られた男性

EDの治療薬として誕生したファーザー製薬のバイアグラ。

その誕生から20年以上経った今、多くのED治療薬が発売されています。

バイアグラと言えば有効成分であるシルデナフィルが有名ですが、それ以外にも、ドイツのバイエル社が発売したバルデナフィルを主成分とするレビトラと、タダラフィルを主成分とする、イーライリリー・アンド・カンパニーのシアリスがあります。

いずれも購入方法としては、日本で薬剤を扱えるのは医師の処方箋が無いと購入出来ないので、そのほとんどはクリニックで購入するケースが多いと思います。

ところがまだまだ金額が効果ということもあって、先発医薬品より金額の安い、後発医薬品のジェネリックのED治療薬も人気があります。

もしジェネリック医薬品のED治療薬をしようと思った場合、日本国内ではクリニックで相談して処方してもらうか、海外から個人輸入という形で、海外から取り寄せるしか方法がありません。

しかし実際にはそのほとんどが海外から個人輸入代行業者と介して、海外からジェネリックのED治療薬を購入する人たちが多く、そのほとんどがネット通販の要領でサイトから簡単に購入出来ています。

ネット通販で商品を購入する場合、サイトを運営している業者の個人情報の取り扱いや、クリニックで医師の処方で購入出来るような、きちんと正規品のバイアグラが処方されるかが気になります。

実際にクリニックで医師の処方で購入出来るバイアグラなどのED治療薬は、すべて日本の厚生労働省の認可を得ている正規のED治療薬となりますが、ネット通販で購入出来る、個人輸入代行業者が運営している個人輸入代行サイトに、掲載されているED治療薬は、そのほとんどがジェネリックのED治療薬です。

ジェネリックのED治療薬といえばインドの製薬会社が有名で、インドの製薬会社が製造しているさまざまなED治療薬が、個人輸入代行業者が運営している個人輸入代行サイトで販売されています。

日本で販売されているED治療薬の場合、ED治療薬に配合されている、有効成分の量が決まっていますので、たとえば日本でクリニックに行って、医師の処方で正規のバイアグラを処方される場合、
そのバイアグラに含まれるシルデナフィルの配合量は25㎎と50㎎になりますが、個人輸入代行サイトでバイアグラを検索すると100㎎のバイアグラが出てきます。

日本では25㎎と50㎎のバイアグラしか販売されていないので、この100㎎のバイアグラが本物かどうかも含め、購入する場合は自己責任となりますので、購入する場合は本物かどうか見極めて購入しましょう。

バイアグラをどうやって買おうかと悩む男性

1998年に世界初の勃起薬として開発されたバイアグラ。

このバイアグラは、もともと勃起薬を開発していた訳ではなく、最初は狭心症の治療薬の研究開発をしていたところで偶然、狭心症の治療効果を確認していた、シルデナフィルという成分を摂取することで、強い勃起効果が起こるという副作用が確認され、
その成分を研究していくことでバイアグラの研究開発につながり、勃起不全薬バイアグラが誕生しました。

バイアグラを開発したのはイギリスにあったファイザー・サンドイッチ研究所で、ファイザー・サンドイッチ研究所は2011年に閉鎖されてしまいましたが、この研究所の功績は本当に大きいと思います。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルを研究していくことで、勃起の促進や勃起の持続時間が長く続くという効果が確認されました。

ではこのバイアグラの購入方法には一体どういう方法があるのかというと、大きく分けてクリニックに行って医師の処方により、治療薬として、バイアグラを処方してもらう方法と、個人輸入代行サイトなどでの通販で購入する方法があります。

雑誌の広告やインターネットでもたまにED治療の広告を目にすることもありますが、これらのED治療を行っているクリニックで問診すれば、バイアグラを処方してもらうことが出来ます。

クリニックを利用してバイアグラを購入するメリットとしては、きちんと医師の診断、アドバイスのもとに購入出来るという事と、正規のバイアグラを入手出来るという事にあります。

そしてもう一つの個人輸入代行サイトから購入する方法に関しては、日本ではもともと医師の処方以外で医薬品を購入することは出来ないので、海外から個人の自己責任で買う人が増えたことから増えたビジネスが個人輸入代行サイトです。

自分で海外からバイアグラを輸入する場合はさまざまな複雑な手続きを、全て自分で行わなければいけなかったのですが、それらの手続きを代行してくれるのが個人輸入代行業者です。

個人輸入代行業者を利用するには個人輸入代行業者が行っている個人輸入代行サイトにて、簡単に海外からバイアグラを購入する事が出来ますが、そのほとんどがバイアグラのジェネリックです。

個人輸入代行業者はあくまでも代行業者なので、バイアグラの購入はすべて自己責任となり、個人情報の取り扱いや、届くバイアグラやバイアグラのジェネリックが、本物か偽物化の判断もすべて自己責任となります。

中には偽物のバイアグラを販売している悪質な業者も存在していると言われていますので注意が必要です。